夫のこと

急性肝炎→自己免疫性肝炎の診断に。43歳夫、即入院

かかりつけ医を受診して血液検査をしたのち、総合病院送りとなった夫(43歳)。

その日は血液検査やらCTやらをまる1日かけて検査し、10時半頃に到着して16時半頃に病院を出るという検査三昧に。総合病院で改めておこなった血液検査は結果が出るまでに1週間~10日ほどかかる項目があるとのことで、およそ1週間後の再受診になりました。

言われた通りの1週間安静。果たして結果は?

かかりつけ医で「たぶん入院」と聞いていた私たちは、その後受診した総合病院での「入院ナシ」の判断に「えっ 入院なしでいいのかー」と思いました。が、自宅では食事制限はないものの「とにかく安静」。

そもそも本人の体のだるさ、しんどさがかなりあるため、あまり動く気力もなかったよう。眠くなったら寝て、少しパソコンの前に座って作業してまた横になって……という感じで1週間を過ごしました。そしてその間の家事はほぼ全て私がやりました。

結果は「悪くなってますね」

えええ……。1週間後の再受診でもう一度血液検査をし、肝臓の数値についてこう聞かされ、私の血の気が少し引いたのはハッキリと覚えています。

これは「A型・B型・C型肝炎の傾向がないっぽいので、安静にすればおさまるヤツなのでは」という先生の予測(?)が外れた形のようでした。

そして詳しい血液検査によると「免疫」のどうのこうのの数値が通常よりちょい高い……ということ。つまり「自己免疫性肝炎ではないか」とのことでした。

「とりあえずすぐ入院で」

今この内容を書いてる今日はまだ12月15日当日。今日聞いた簡単なスケジュールによると、「自己免疫性肝炎」の治療としては入院してステロイド服用し、少しずつ量を減らしながら様子を見る、とのことでした。

肝臓の細胞を少し取って検査する「細胞診」もやるそうですが、今は黄疸がかなり出ているのでこの段階で細胞診をやると肝臓にもあまり良くなく、細胞診は黄疸が落ち着いてから、とのこと。

そして、ステロイド服用は量が量なので(1日6錠とか7錠とか)副作用とかアレコレのアレもあるらしく、急に飲むのをやめたりしてもまた数値がガーンと上がっちゃうため、慎重にやるそうです。なのでとりあえずは1ヶ月の入院、そして細胞診をしてからの確定診断、とのことでした。

1日お時間もらえますか……?

さすがに「今日から即入院」が青天の霹靂だったので、入院準備なんてしておらず、心の準備も何もできていません。なので先生に「明日からの入院では厳しいですか……?」と聞いてみました。

するとそのとき担当してくれていた先生は「本人の状態がとくに今日明日ですぐどうこうなる状態ではないので、明日でもまぁ大丈夫ですよ」と。あぁよかった、じゃあそうしようか~と言っていた矢先に奥から肝臓担当の先生(?)が出てきて、

今日すぐ入院してもらったほうがいいです。今日も入院がすごく多くてベッドが埋まってきてるので、明日ベッドを確保できる保証がない。肝臓の数値も高いので、本当はとにかく安静にすべき状態です。うろうろするのはあまりよくない」と。

私「分かりました! 夫! 今日からすぐ入院しよ!!!」(スーパー手のひら返し)

調べると指定難病!「自己免疫性肝炎」

「自己免疫性肝炎」という言葉を先生から聞いたので、とりあえずはググりました。すると良いのか悪いのかよく分からない記載がズラリ。

要はこの先どうなるかは「運次第」な印象を受けました。ムムム……

保険とか諸々、これから調べます

とりあえずは本当に今日の今日、急に「即入院」と言われたばかりなので、とにかく今日1日の疲れがどっと出てます。

なので保険関係とかはゆっくりと、でもなる早で調べていこうと思ってます。ここにも書く予定なので、参考になれば……!

今日のタスクは、

・入院の書類を書いた(本人の自署と印鑑、別世帯の保証人が1人必要です)

・高額医療費(限度額認定証)のもらい方の流れのプリントをもらった(社会保険なら勤めている会社に言って、国民健康保険なら住所のある市役所に申請。本人の保険証とかマイナンバーが必要)

確認しました。(やったとは言ってない)

限度額認定証は入院した月の翌月5日までに病院へ出す必要がある、とのこと。早めが吉。

入院中の夫はというと

普段は絶対飲まないであろう量のお薬を、さっそく飲んでいるようです。黄疸による体の痒みが辛かったようですが、塗り薬がもらえたようでなにより。

自宅安静中は痒みや寝づらさで夜熟睡できていなかったようなので、今日からはゆっくり寝られるといいなぁ。

とりあえず今日は「再受診からの即入院」の流れでした。本人がいちばん大変なのは分かってますが、やっぱり家族も大変です……。

とはいえ原因不明で、健康に生きててもかかるような病気らしいので、もうこれはしょうがない。「どんな病気でも、誰でもかかる可能性はある」と思って、人生楽しく生きたいっすな!

✩つづく!

■前回のお話はコチラ→ 43歳夫、今度は急性肝炎に? 症状や様子、今後の予定など

tomosato、大変やん……。そう思ったかたはこちらもチェック!

■私の「高度異形成」について→ 高度異形成・円錐切除手術から約3年。その後の様子と体調について

■夫の“年1”入院記録(?)→ 42歳夫、血便からの緊急入院!【大腸憩室の疑い】

■私のおすすめを集めた「楽天room」やってます! 見てね~!
https://room.rakuten.co.jp/room_a50b6ea109/items

ABOUT ME
tomosato
1984年生まれ。 長女ひなこ(9)・次女はづき(6)を育児中のwebライター。 骨折すらしたことがなかったのに、2017/7/10に受けた子宮頸がん検診で「高度異形成」が発覚。 2017/8/24に円錐切除術を受けました。 ・パニック障害あり(パキシル服用→減薬→現在は服用なし) ・心配性。 娘2人がメインのyoutube【ひなはづチャンネル】やってます! (チャンネル登録よろしくね) ご依頼・ご相談は【お問い合わせ】からお願いします!