34歳からの「英語」!どこでも生きていける環境をめざす。

大人の習い事
Sponsored Link

 

tomosato34歳、子どもたちと一緒に、英語の先生であるママ友宅で英語を習い始めました。

 

 

「なんで今さら英語?」

な印象があるけど、今後「日本以外で生きていく」事があればやっぱり英語は「喋れる&書ける」ようになっておくべき、だと思いました。

ライターですし。英語で記事が書ければ、お仕事の範囲はもっともっと広がるでしょう。

 

 

海外へ引っ越す予定があるかといえば

ありません。(どーん)

 

 

じゃあなんで?理由としては

・子どもが留学したいー!と言ったとき(可能性はミジンコ)一緒に行って暮らせる

・英語圏の人と楽しく会話ができる

・日本がいつまでも「暮らしやすい国」であるかどうかは分からない

から。

 

 

正直、生きていくのはどこでもいい。

アパート住まいだし、継ぐべき家や仕事もありません。

だからこそ、「あーつまんねぇなー」と思ったとき、英語が海外との距離をもっと縮めてくれる架け橋になる。

 

 

今、「フォニックス」と中1レベルのワークブックで勉強してます。

いつか英語で記事を書けるようになることを目標に!!

頑張るおーーーーーー!!!!

 

☆いくら単語を覚えても、きちんと発音できなければ伝わらない英語。「フォニックス」発音を練習すれば、喋れなくても喋れるように見えます!(どーん)

もちろん練習すればキレイに喋れるようになります。ひたすら繰り返し練習するのみ!唇を柔らかく使うー!!

 

☆appleの前にanをつけたり、受け答えの文章の違いが分かったり。あれ…中学校でこんなの習ったっけな…??( ˘ω˘ )

 

 


Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

子どもの習い事
4歳からの習い事。“身につけてもらう”ための考え方&人気の理由を考えてみた

Sponsored Link 子どもが4歳くらいになったら、まわりに「習い事」を始める子たちがじわじ …

大人の習い事
英会話は「フォニックス」から!日本語と英語の“しゃべり方の違い”を知ろう

Sponsored Link 週一回の「英語塾」の日。毎週毎週、先生(ママ友)とマンツーマンで発音の …