専業主婦向け。外働きと在宅のメリット・デメリット

収入
Sponsored Link


photo credit: perzonseo sketching website layout wireframes via photopin (license)

 

収入のない専業主婦の悩みといえば、将来のことやお金のこと。
夫の収入に頼るしかなく、自分の力ではどうにもできないので不安の種になりがちです。

子どもが未就学児の場合は、「子どもを幼稚園や保育園に入れたらパートに出ようかな」「小学生になったら働きに出たい」
そう考えているママはとてもたくさんいます。

しかし、小さな子どもは体調を崩しやすく、ママの仕事もなかなか思い通りにいきませんよね。

今回は、外に働きに出る場合と在宅で働く場合のメリット・デメリットを、育児中のtomosato視点でまとめてみたいと思います。

 

・早い段階から先のことを考えることが大切です

【子どもが大きくなるということは、自分も歳をとるということ】

歳をとるのは当たり前のことですが、ふとした瞬間に自分の年齢にびっくりすること、ありませんか?(私だけかもしれませんが)
いつまでも10代ではありません。いつまでも20代ではないのです…

求人に応募した時、年齢によって断られるということはあって欲しくない事ですが、やはり仕事内容や体力的な面から見ても歳を増すごとに雇ってもらえる場所が減っていくことが多くなります。

子どもが小学生になった時、あなたは何歳でしょうか?早くから仕事を始めれば、慣れることによって何歳まででも仕事を続けることができます。

実際に外で働くことを考えているママさんはたくさんいますが、重要なのは働く場所や時間。

自宅や通っている幼稚園、小学校の近くで探したいと考えれば、同じ考えのママによる競争率はやはり高くなってしまいます。
外で働こうと思っているなら、早めに行動を起こすのがおすすめ。

 

【収入の面だけでなく、自分が楽しめる仕事を選ぶ】

外でパートとして働く場合、コンビニやスーパーマーケットのレジ、大型スーパーの販売員など、仕事内容が限られてしまうことが多いと思います。

コンビニのレジや大型スーパーの販売員などは誰でもできてやりがいが無いと思いがちですが、実はとても奥が深い。
レジの店員さんの人柄や対応次第で、そのお店にばかり通ってくれるファンや、逆に二度と足を運ばなくなる人だっています。

その店の雰囲気を決めるのは自分の対応次第だと考えれば、なんだか「少し頑張ってみよう」「もっとできることを積極的にやってみよう」と思いませんか?

そう考え始めると、どんどん仕事が楽しく感じ始めます。
楽しく仕事ができているときは、意識しなくてもたくさんの知識や情報が入ってきているので、結果的に得るものも大きい。

せっかく働くなら楽しく仕事がしたいし、あなたが勤めるお店のほうにもメリットがあれば最高ですね。

でも、どんなに意識を高く持っても、仕事内容に合わなかったり、人間関係が合わなかったりすることはよくあります。

ある程度の収入が得られて、融通も利いて楽しく仕事ができるというならもちろん良いですが、楽しく働けていない場合は他の働き方を探してみることをぜひおすすめします。



・とにかく始めてみることが大切です

外で働くにしても在宅で仕事を始めるにしても、頭の中で考えているだけではお金は1円も入ってきません。
とにかく行動してみましょう。

この働き方は自分には合ってない、そう思ったら早めに辞めて違う方法を探しましょう。

 

 

・在宅で働くメリット、デメリット

好きな時間に好きなだけ働くことができる在宅仕事。しかしメリットもデメリットもたくさんあります。

【在宅のメリット】

・仕事時間を自由に決めることができる
・収入を増やそうと思えば増やせる
・仕事場への通勤時間がないので時間の有効活用可能
・子どもの世話をしながら仕事ができる
・子どもが病気になっても仕事を自分で調整できる
・身につけるスキル次第では将来の可能性も大きく広がる

などなど。

【在宅のデメリット】

・スキルがなければお小遣い程度の少額しか稼げない
・スキルをつけるために勉強が必要
・小さな子どもがいると、思った以上に仕事がはかどらない
・家事や育児などやることがたくさんあり、仕事への意欲が湧かない
・在宅で全て完結する仕事だと、人としゃべる機会がなくなる
・収入が安定しない

などなど。

 

・外に働きに出るメリット、デメリット

枠組みが決まっている職場の中で、決まった仕事をする場合が多いですよね。
もちろんメリット・デメリットもたくさん。

【外働きのメリット】

・パートなどは時給制の場合が多く、仕事能力やスキルなどに収入があまり左右されない
・スキルがなくても誰でも始められて、すぐに安定した給料がもらえる
・スーパーなどで働くなら、帰宅時に食材の買い物などができて便利
・たくさんの人と一緒に働くので、コミュニケーション力が磨かれる
・未経験のさまざまな仕事のやり方を、お金をもらいながら経験することができる
・認められれば、スキルアップや収入アップにつながる

などなど。

【外働きのデメリット】

・通勤時間が無駄になりがち
・子どもが病気で休まなければならないときは、収入が減る場合も
・仕事時間がきっちり決まっているので、家事・育児・仕事の両立が大変
・共働きでもどちらかといえば全ての負担がママにかかりがち
・ノースキルでできる簡単なパートの場合、スキルなど何も身に付かないまま何年も過ごす場合も
・仕事先探しが大変

などなど。

 

・まとめ

【外働きと在宅、どちらも大変ですが、楽しく続けられることが大切です】

仕事は、クライアントや雇ってくれている会社、お客様があって成り立つもの。

たくさんの仕事に触れて、たくさんの人に出会い、たくさんの知識を得て、どんな働き方が一番自分に合うのかをしっかりと考えてみましょう。

スキルを身につけるのも、好きだと感じて楽しければ早く身に付きますし、やりがいもあります。
できないと思っていたことも、いざやってみると意外と簡単にできたりします。

将来のことやお金のことを不安に思ったまま悩み続けるよりも、一歩でも踏み出してみましょう。

何かを始めれば、どんどんすべてが良い方向へ向かっていきますよ。

 

【tomosatoが登録しているクラウドソーシングサイト】

ランサーズ
クラウドワークス

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!


Sponsored Link
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ライフスタイル
34歳からの「英語」!どこでも生きていける環境をめざす。

Sponsored Link   tomosato34歳、子どもたちと一緒に、英語の先生で …

収入
主婦ならではのリフレッシュ方法!疲れたときの行動が満足度をUPさせるカギ

Sponsored Link 毎日毎日、まーーーーいにち同じことの繰り返し。 変化のない日々だと、そ …

おすすめ
子育てしながら自宅で働く!「メリット・デメリット」と「向き・不向き」

Sponsored Link 子どもが生まれてからは常に子どもといっしょ。 幼稚園・保育園への入園を …